【SDGs】コオロギ食から世界の電気自動車(EV)まで、今注目のエコトレンドを特集!

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、36歳、公務員の女性。予定外の4人目の出産で、現在育休中の相談者。収入減で現在は家計が赤字になっているといいますが、少しでも多く教育費を貯めるために何ができるでしょうか? FPの三澤恭子氏がお答えします。

子ども4人の教育費を貯めたい。予定外の4人目出産で当初予定よりも貯められない。育休中で妻が無収入のため、現在は貯蓄を崩しての生活。復帰後、少しでも多く貯めてあげたい。

【相談者プロフィール】
・女性、36歳、公務員(育児休暇中)、既婚
 夫(38歳)は自動車整備士。手取り月収28万、年間ボーナス約50万。
 私は公務員(育児休暇中)、復職後はフルタイムで手取り17万、年間ボーナス約75万。
 子ども4人(1歳,7歳,11歳,13歳)
・住居の形態:持ち家(戸建て、佐賀県)
・毎月の世帯の手取り金額:28万円。私の復職後はプラス17万円で45万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:50万円(復職後125万円)
・毎月の世帯の支出の目安:38〜42万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万2,000円
・食費:6万5,000円
・水道光熱費:2万円
・教育費:6万1,000円
・保険料:2万8,000円
・通信費:1万5,000円
・車両費:1万5,000円
・お小遣い:4万2,000円
・その他:6万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:0 円(育休で私の収入が0のため赤字)
・ボーナスからの年間貯蓄額:150万円
・現在の貯蓄総額:600万円
・現在の投資総額:1,480万円
・現在の負債総額:1,400万円(住宅ローン:物件購入額4,000万円、借入額3,500万円、金利1.5%、返済期間30年、残債1,500万円、夫2対妻1の割合で返済)
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ