はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、35歳、会社経営の女性。家族のためにがむしゃらに働き、総資産8,600万円を貯めたという相談者。今後は仕事をセーブしながら暮らしたいといいますが、現在の運用方針でセミリタイアは叶うでしょうか? FPの伊藤亮太氏がお答えします。

自分で会社を経営しています。

早くに父が亡くなったため、家族に楽をさせてあげたい一心でがむしゃらに働いていたら、いつの間にかそこそこの資産を築けていました。

ただ、今の仕事は昼夜逆転の生活が多く、これからは仕事量をセーブしてゆっくりと働いていきたいと思っています。今は株式会社ですが、個人事業主に戻ることも検討しています。
今後は40歳になったら投資信託から年間120万円取り崩しつつ、働いて150万円くらい稼ごうと思っています。

資産運用を始める前に銀行に勧められるまま投資信託を購入し、1,000万円ほど失って以来(今考えても恐ろしい額です……)、このままじゃダメだと奮起して自分で投資を学び、なんとか自己流でやっている状況です。この運用方針のまま進んで行っても大丈夫なのか、アドバイスをいただけますと幸いです。

補足)結婚はする気が全くありません。子どもも欲しくないです。幸いなことに親戚、弟妹、友人に恵まれておりますので、このまま独り身で気楽に生きていこうと思っています。

【資産状況】
●貯金:(普通口座)6,600万円
●地金:200g
●小規模企業共済:400万円

【投資状況】
●ETF:VOO 400万円、VYM 50万円
●投資信託:eMAXIS Slim 米国株式600万円、eMAXIS Slim 全世界株式500万円
●仮想通貨:ビットコイン50万円

【毎月積み立て】
●投資信託:eMAXIS Slim 米国株式45万円、eMAXIS Slim 全世界株式5万円
●つみたてNISA :eMAXIS Slim米国株式3万3,333円
●iDeCo:eMAXIS Slim米国株式2万3,000円
●小規模企業共済:7万円

【プロフィール】
・女性、35歳、会社員、独身
・同居家族について:
 母(64):私の会社の事務として働いてもらっています 
 祖母(87):同居していますが、年金内で過ごしています
・住居の形態:親の家で同居(千葉県)
・毎月の世帯の手取り金額:120万円
・毎月の世帯の支出の目安:20万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:2万円
・食費:5万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:0円
・保険料:1万円
・通信費:1万円
・車両費:2万円
・お小遣い:5万円
・その他:2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:100万円
・現在の貯蓄総額:7,000万円
・現在の投資総額:1,600万円
・現在の負債総額:0円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ