<PR>起業家シバタナオキ氏登壇!『マネーフォワードWeek』無料申込み受付中

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、32歳、会社員の男性。専業主婦の妻と1歳の子どもと暮らす相談者。コロナ禍により月給が下がっているなか、第二子を希望されていますが、希望は叶うのでしょうか? FPの當舎緑氏がお答えします。

老後資金、子どもの養育費等、将来のお金が不安です。固定費を下げたいのですが、これ以上何をしたらいいか分かりません。できれば子どもをもう一人欲しいですが、厳しいでしょうか?

【相談者プロフィール】
・男性、32歳、会社員、既婚
・同居家族について:妻(30歳)・専業主婦。子ども1人(1歳)
・住居の形態:持ち家(戸建て/兵庫県)
・毎月の世帯の手取り金額:22~30万円(出来高制。現在はコロナの影響で22万前後)
・年間の世帯の手取りボーナス額:45万円
・毎月の世帯の支出の目安:直近一年の平均26万ですが、出産子育てでの出費が嵩んだように思います。最低限の生活であれば20万前後かと思います。

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万円
・食費:3万円
・水道光熱費:3万円
・教育費:0円
・保険料:2万7,000円
・通信費:1万2,000円
・車両費:0円
・お小遣い:0円
・その他:2~6万円
・毎月の貯蓄額:2万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:15万円
・現在の貯蓄総額:30万円
・現在の投資総額:237万円
・現在の負債総額:2,670万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ