はじめに

この1年で生活様式が大きくかわり、仕事中やプライベートで着る洋服も、以前とは変わってきた人もいるかもしれません。好みが変わったり、また外出の際に持ち歩く荷物が変わったりして、持っているバッグも、要不要がはっきりしてきているでしょう。

「この洋服は、もう着ないかな」「バッグはまだきれいだけれど、もう使わないかな」と思ったときにどうしているでしょうか。

今回は、不要になった洋服やバッグを上手にお金にかえる方法や、寄付などに役立てられる方法についてお伝えします。


定番としては、フリマアプリで売ることですが…

手持ちの洋服やバッグで、他の誰かに使ってもらえそうなくらいきれいなものは、フリマアプリやネットオークションで売る人も多いでしょう。匿名で配送できるサービスも広がり、相手に名前や住所を知られずに売買できるのは便利ですよね。

筆者は、勉強も兼ねて、ネットオークションなどの個人間売買を2001年から行っています。当時は、メールを使って直接やりとりをするため、その後に迷惑メールがくることもあったり、銀行口座を直接連絡しても、なかなか振り込まれないので催促したりと、ハラハラしながら利用することも多いものでした。

今はサイト上でメッセージをやりとりできますし、振込み手続き後に発送するシステムが整い、利用上でのトラブルは格段に減っていると思います。

使わなくなり、家にあっても場所ばかりをとり、部屋が片付かない原因になるものでも、誰かに譲り渡すことで、気に入って使ってくれて、少しでもお小遣いになるのはうれしいものですね。個人的には、説明文をしっかり、細かいところまで丁寧に書いたり、手放して出品しようと思った理由を添えたりしているほうが、注目されやすいと感じています。

手間をかけたくないなら、買い取り業者を利用する手も

とはいえ、個人間売買では、質問があったらすぐに回答したり、購入されたらすぐに発送手続きをしたりと、迅速な動きが必要。「数日連絡があったことに気づかなかった」なんてことになれば、悪い評価がついてしまうかもしれません。また丁寧に梱包する、連絡するといった手間もかかりますよね。

そういう手間を避けたいという方は、買い取り業者を利用する方法があります。

例えば「ブランディア」などの買い取り業者では、送料無料で送り、査定をして金額が決まり、その金額に納得がいけば売ることができます。納得がいかなければ、再び送料無料で返送してもらえるので、金額を見たうえで「思ったよりも安いからやめよう」という判断もできます。

売却が決まれば、あとはその金額が振り込まれるだけ。手間がかからないので、忙しい人にも向いていると思います。筆者も時々利用しています。

買い取り業者の場合は、売却価格が低いと感じることもありますが、フリマアプリの場合は、サービス利用手数料がかかったり、送料が自分持ちだったり、何よりも手間や心理的負担がかかるというのも事実。それを考えあわせると、思ったよりも低くないかな、と感じることもあります。

他にも、「買取王子」や「トレジャー・ファクトリー」なども人気ですね。気になる買取業者については、念のためネットの口コミやSNSなどを確認しておくと、より安心でしょう。

忙しい今の時代は、手間がかかることでの「時間」や「ストレス」も、お金と同じくらい貴重なもの。「お得感」だけで判断しないようにしたいですね。