はじめに

洋服やバッグを寄付したら、寄付金控除を受けられる仕組み

また、最近知って、おもしろい取り組みだなと思ったサービスがあります。洋服やバッグなどを片付けつつ、それが寄付になり、寄付金控除を受けられる可能性もあると、トリプルでうれしい、「FASHION CHARITY PROJECT(FCP)」というサービスです。

ふるさとチョイスと共同で行っている「断チャリプロジェクト」は、使わなくなったファッションアイテムを寄付して、買い取りが成立したら、その買取金額が、事前に選んだ自治体に寄付されるというもの。ふるさと納税の制度を利用して、寄付金控除が受けられるというユニークな仕組みです。

現在は、都市部自治体への新型コロナウィルス支援を中心に行っていて、気になる方は、一度チェックしてみてください。

部屋を片付けつつ、不要なものを増やさない工夫も

部屋を片付けることは、あらゆる面でいい効果があります。「あるアイテムが見つからなくて、探す時間がもったいないと思って、新しく買った」→「買ったとたんに、探していたものが出てきた」という経験が、一度や二度はある方もいるのではないでしょうか。

不要なものが多いと、大切なものが埋もれてしまいがちです。せっかく買ったものを上手に活用できませんし、モノが見つからなければ、余計な出費につながってしまいます。

家にいる時間が増えた今、「使うもの、使わないもの」「好きなもの、あまり好きでないもの」を見極めて、自分にとって必要でないものは、上手に手放していきたいですね。その際、誰かに使ってもらえそうなものは、上記ご紹介しました、フリマアプリ、ネットオークションのほか、忙しい方は買取業者やチャリティーなどを利用してみてはどうでしょうか。

また、ネットショッピングも増えた今、なんとなくストレス解消気分で買ってしまうと、結局は「不要なもの」につながる可能性があります。手放すときの手間もかかってしまいますので、ネットショッピングは気軽に買えて便利ですが、「本当に愛用できるかな」と、一呼吸を置いてから買うようにしたいですね。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ

この記事の感想を教えてください。