<PR>新電力に切替えで「マネーフォワード ME」のプレミアム機能が無料!

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、29歳、医療従事者の女性。今後結婚するか独身でいるか、ライフプランが定まらないため、いくらを目標に貯蓄すればいいのかわからずに不安だと言います。FPの鈴木さや子氏がお答えします。

30歳を目前に不安。

今後のライフプランが決定してないことで、どれだけの貯金があれば今後困りにくいか。さらに、今の給料から考えると今の生活は身の丈に合った生活かが気になります。

現在社会人8年目で金銭的にも普段の生活には余裕が出てきました。給料としては600万円弱で、定期預金で年間約100万円を貯金し、そのほかに生活費から残高を銀行で貯金しており、現在総額300万円程度貯まっています。

今後もし、結婚するなら、もしくはずっと単身者でいるのか、未定の点が多くどれだけの年間貯金を目標にすればよいかわかりません。

また、現在医療保険(終身保険払い込み済み)に入っているのですが、ガン保険加入を考えているため、支出が増える予定です、また、今手元にある300万円をこのまま銀行に預けておくか、資産運用をした方がよいか教えてください。

※相談内容を一部編集しています。

【相談者プロフィール】
・女性、29歳、医療従事者、独身
・住居の形態:賃貸(東京)
・毎月の世帯の手取り金額:27万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:70万円
・毎月の世帯の支出の目安:17万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:8万4,000円
・食費:5万円
・水道光熱費:1万円
・通信費:1万1,000円
・その他:2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:8万円(定期預金)
・毎月のiDeCoの拠出額:2万5,000円
・ボーナスからの年間貯蓄額:50万円
・貯蓄総額:800万円(うち普通預金300万円)
・投資総額:2万5,000円
・現在の負債総額:0円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ