【特集】早期リタイア「FIRE」を実現する方法、個別相談にFPが回答

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、32歳、会社員の男性。世帯年収は約1,100万円で、1・3・5歳の3人のお子さんを持つ相談者夫婦。3人分の教育費をしっかり貯められるか不安だといいます。FPの宮里惠子氏がお答えします。

子ども3人の教育費をしっかり貯められるか不安。どのような手段(預金、投資等)で備えていくのが効率が良いか知りたいです。また費用については「大学の入学金・授業料」「下宿の仕送り」「中高一貫校受験・大学受験の塾の費用」を想定していますが、他に抜けやもれがないか知りたいです。

条件・想定は下記の通りです。

・公立中高一貫校受験の可能性がある
・国立大(修士含む)であれば下宿費用まで親で工面したい。私立大(修士含む)は自宅からの通学を前提としたい。
・下宿時には一人あたり月12万円の仕送りをしたい(本当に貯められるか?また額は適正か?)
・できれば奨学金は使用したくない。

【相談者プロフィール】
・男性、32歳、会社員、既婚
・同居家族について:
 夫(相談者)、会社員、手取り月収40万円程度
 夫税引前年収は現状900万円→1000万円程度までは5年程度で上がる見込み
 妻(31歳)、派遣社員、手取り月収10万円程度
 子ども3人(1歳、3歳、5歳)
・住居の形態:持ち家(戸建て/茨城県)
・毎月の世帯の手取り金額:50万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:180万円
・毎月の世帯の支出の目安:35万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:16万5,000円
・食費:5万5,000円
・水道光熱費:2万5,000円
・教育費:2万5,000円
・保険料:5万円
・通信費:1万2,000円
・車両費:1万円
・お小遣い:6万円
・その他:0円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:0円
・ボーナスからの年間貯蓄額:100万円
・現在の貯蓄総額:250万円
・現在の投資総額:つみたてNISA(夫)170万円、確定拠出年金(夫)220万円、積立型生保170万円
・現在の負債総額:住宅ローン5250万円(残り31年、フラット35S、金利0.8%→6年後から1.1%)
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ