はじめに

国を挙げて取り組んでいるキャッシュレス化。商品やサービスの利用時に発行されるポイントの付与率や還元率だけでなく、そのポイントの使い勝手が気になる人も多いでしょう。昨今は、ポイントを元手(原資)に株や投資信託など金融商品を購入できるサービスも増えています。「投資ってどうやるの?」「興味はあるけど損したくない」……そんな方のために、ファイナンシャルプランナーの野原亮氏が、誰でも手軽にできる「0円投資」の方法を紹介します。

※本稿は『貯金がなくても資産を増やせる「0円投資」』(野原 亮・著)をもとに再編集しています。


「0円投資」ってどういうもの?

みなさんは、「0円投資」という言葉を耳にされたことはあるでしょうか。

日常生活の各サービス利用で付与(または還元)されたポイントを使って株や投資信託(投信)などの金融商品を購入したり、ポイントを現金に交換してネットバンク等に送金した分を元手に投資する方法です。現金の持ち出しがなく、元手実質0円で投資できるため、「0円投資」と呼ばれています。

誰でも手軽に資産形成を始められますが、一見複雑なゲームのように感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ポイントが付与されるルールを知り、それに従って日常生活の中で、キャシュレス決済(※)を利用した「ポイ活(ポイント獲得活動)」を習慣化してしまえば、特に抵抗なく実践できるはずです。

※キャシュレス決済……クレジットカード(クレカ)決済や、PayPayや楽天ペイなどに代表されるコード決済(QRコードやバーコードを使った決済)のこと
ただし、「ポイ活するぞ!」と意気込むあまり、1ポイントでも多く獲得しようと、貴重な時間をそればかりに費やしてしまったり、ポイントのために高額な商品を買い続けるというのでは本末転倒です。

また、あまり細かくやりすぎても面倒くさくなるだけかと思いますので、日常生活の中で無理のない範囲内で、自分のペースで継続していくとよいでしょう。

私がおすすめする「0円投資」は、より賢く効率的にポイントを貯めることで、家計の貯蓄残高をストレスなく増やしていくことを目的としていますから、「ポイントが付与される、ちょっと楽しい生活」というくらいの意味合いで受け止めていただければと思います。