はじめに

老後資金や教育資金など、いつか使うためのお金をできるだけ増やしたい。そんな理由で株式や投資信託などに興味を持つ人も多いでしょう。でも、何から初めていいのか分からず、なかなか投資をスタートできないこともあるようです。

そこで投資のプロであるウェルスナビ執行役員リサーチ&クオンツの牛山史朗さんに、3回にわたって「投資の基本のキ」を伺います。

1回目は「投資はどのくらいの期間続けるべき?」という疑問に答えてもらいました。


銀行に100万円預けても利息は10円程度。投資でしっかり増やすべき

「せっかく貯めたお金を一円も減らしたくない」「損をするのが怖い」。そんな気持ちで、投資に二の足を踏んでしまう人もいるかもしれません。でも、ただ貯蓄しているだけで、本当に「損をしない」と言えるのでしょうか。牛山さんは「現在の金融機関の金利の低さに目を向けてほしい」と話します。

「今は普通預金が0.001%程度。100万円を1年間預けていても、利息が10円付く程度です。そのためATMで一度でも時間外に引き出したり、振込を行ったりしたら、一気に利息以上を支払ってしまうことになります。」

すぐ使わないなら、資産運用する。それが結果的に、あなたの貯蓄を減らさない ことにつながるかもしれません。ただ、結果を出したいからと言って、焦りは禁物。「将来に向けた投資 はある程度、長期間かけて行うと考えて」と牛山さんは言います。

その理由は、大きく分けて2つ。1つ目は長期で考えることで、短期的な値上がり、値下がりの動きが打ち消し合い、投資のリターン、つまり収益が安定すること。 2つ目は投資で得たリターンを引き出さずにそのまま元手とすることで、更なるリターンが生み出されることです。これは「複利効果」と呼ばれ、長期投資の大きなメリットとして挙げられています。

牛山さんが示す長期投資の期間は「10年以上」。10年と聞くと先が長いような気がしますが、結婚や子どもの誕生をきっかけに始めれば、日々の生活に追われてあっという間に時が経ち、いつの間にか教育資金や家の頭金が貯まっているということも。金利が低いこの時代。すぐに使わないお金なら、思い切って長期投資して少しでも資産を増やしたいものです。

長期投資のメリットは?
(1) 短期的な値上がり、値下がりが打ち消し合い、リターンが安定する
(2) 利益を引き出さずに投資し続けることで、複利効果が得られる