はじめに

「お金持ちになりたい」と思っている人は多いですが、いくらあればお金持ちと言えるでしょうか。1億円があれば豊かな暮らしができるのでしょうか。今回は、お金持ちの指標として取り上げられることも多い「1億円の純資産」について考えてみます。


サラリーマンの生涯年収は?

サラリーマンの生涯年収は2億円から3億円と言われており、生涯にわたって稼ぐ金額は1億円を超えていきます。ただし、純資産で1億円を持っている人というと数が限られてきます。

2020年10月〜11月に野村総合研究所が行った「NRI富裕層アンケート調査」を見てみましょう。このアンケート調査では、純金融資産保有額が1億円以上5億円未満を「富裕層」、同5億円以上を「超富裕層」として定義し、全国の企業のオーナー経営者(主要株主かつ代表者)を対象に行っています。

※2019年の日本における純金融資産保有額別の世帯数と資産規模を、各種統計などから推計。アンケートの有効回答は1,520人。うち本人・配偶者が富裕層・超富裕層に該当したのは305人。なお「純金融資産保有額」は、預貯金、株式、債券、投資信託、一時払い生命保険や年金保険など、世帯として保有する金融資産の合計額から負債を差し引いたものを指している。

調査によると、預貯金、株式、債券、投資信託、一時払い生命保険や年金保険など、世帯として保有する金融資産の合計額から負債を引いた「純金融資産保有額」を基に総世帯を5つの階層に分類し、各々の世帯数と資産保有額を推計したところ、純金融資産保有額が1億円以上5億円未満の「富裕層」が124.0万世帯、同5億円以上の「超富裕層」は8.7万世帯と、合わせて132.7万世帯となりました。

富裕層・超富裕層の世帯数はアベノミクス以降一貫して増加傾向となっていることが分かります。

もし、1億円が手に入ったら何に使いますか?宝くじなどを買ったことがある人なら、「1億円当たったら、何に使おうかな」などと妄想したことがあるかもしれません。

もう一つ、別の調査を見てみましょう。LINEリサーチが2020年7月行った「もし、宝くじで1億円当たったら何に使いますか?」という調査結果をみると、

1位:貯蓄する 55.0%
2位:親にプレゼントを買う/親孝行する 34.0%
3位:国内旅行にいく 28.2%
4位:家(一戸建てやマンション)を買う 27.3%
5位:海外旅行にいく 24.0%
との結果に。半数以上の人が、貯蓄をするという結果になりました。

LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
実施時期:2020年7月17日~19日
有効回収数:5252サンプル
※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック