はじめに

1億円あれば安泰ということはない

この他にも、資産運用には色々な手法がありますし、不動産投資なども長期的な資産運用として有効な手段になる場合もあります。
ただ、どの方法を取るにしても、資産運用にはリスクがつきものです。自分の資産が増えたり減ったりすることを本質的に理解するとともに、支出をコントロールし、長期で続けるマインド形成が重要になってきます。
1億円あれば、安泰かというとそんなことはなく、マネーリテラシーを高めること、収支コントロールを行えるかによって安心感が全く変わっていきます。

Yさんの場合、仮に務めている会社が上場に失敗しストック・オプションが手に入らなかった場合でも
・月の支出の改善
・老後の支出の改善
・年金を70歳まで繰り下げ受給
・運用を65歳まで積極的につみたて 65歳以降は2%で運用
などの変化で100歳まで保つ資産シミュレーションを実現することができました。

1億円が手元になくても老後には立ち向かえる

お金をコントロールすることができれば、1億などの大きな資産を持っていなくても老後に立ち向かうことは可能です。資産の過多より、収入よりも支出の方が少ない期間をどれだけ長くすることが出来るかによって人生の安心感は変わっていきます。毎月の支出コントロールをすること、正しい知識で積み立て投資をすること、年金やお金の制度を理解することは、1億円の現金を手に入れること以上の価値があるとも言えます。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ

この記事の感想を教えてください。