はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回は、38歳、会社員の女性から、住宅ローンについてのご相談です。夫も38歳で共働き、1歳のお子さんをもつ相談者。10年後に住宅ローンの繰り上げ返済をしたいといいますが、教育費を考慮して、いくらまでなら可能でしょうか? FPの飯田道子氏がお答えします。

10年後に極力住宅ローンの繰上げ返済をしたいのですが、いくら手元に残せばいいのかなど、家計分析をお願いします。教育資金との関係でもご助言いただきたいです。

住宅ローン:物件購入額7,500万円、借入額6,500万円、金利0.65%(10年固定)、返済期間35年、残債6,200万円。

【相談者プロフィール】
・女性、38歳、会社員、既婚
・同居家族について:夫、38歳、会社員。子ども1人、1歳。
・住居の形態:持ち家(マンション・集合住宅、東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:70万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:400万円
・毎月の世帯の支出の目安:47万円

【相談内容】
・住居費:25万円
・食費:5万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:1万円
・保険料:4万円
・通信費:1万円
・お小遣い:4万円
・その他:5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:100万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):2,500万円
・現在の投資総額:1,000万円
・現在の負債総額:6,200万円

飯田:今回は、家計分析と10年後に住宅ローンの繰上げ返済を検討している相談者様です。手元に残こすべき金額はいくらか、教育資金を踏まえて、アドバイスが欲しいとのことです。相談者様の場合、いくらまで返済することが可能なのでしょうか? 教育費や全体的な家計に関してもお話してみたいと思います。