読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、36歳、公務員の女性。自己破産した義父のローンを返済しながら義両親と同居中の相談者夫婦。3人の子どもの教育費が足りるか不安だと言います。FPの氏家祥美氏がお答えします。

子ども3人の教育費を貯めているが足りるかどうか不安です。

5年前に義父が自己破産し、夫が不動産担保ローンを組む形で家のローンやその他を引き継ぎ、義両親と同居になりました。築30年の二世帯住宅の水道光熱費は異様に高く、これでも見直して安くなった方です。電気代だけは義両親と別にしてあります。同居にあたって、ボロボロだった箇所をリフォームした結果、貯蓄はほぼなくなりました。

その後、子どもがさらに2人生まれ、収入が激減した時期もありましたが、やっとぼちぼち貯められるようになってきました。今は児童手当を預金、月収から3万円をつみたてNISAに回しています。ボーナスは特別支出を引いた20万円を預金に回しています。それと妻のiDeCoを月5,000円かけています。

上2人だけ学資保険をかけています。18歳満期で300万円ずつです。一番下は利率が悪くなってしまったのでかけませんでした。一番上の子の学資保険1万5,000円、車両費5万円、通信費4万円、夫の小遣いは夫が家計に入れた残りの14万円の中で支払っています。たぶん預金や投資をする余裕はないと思います。

車は残価設定型ローンであと3年乗ったら売却します。家族構成が定まりにくく、しばらくは5年ごとに買い替えかリースかで乗る予定です。家が駅から遠く、また夫が車内をテレワークスペースとして使っているので、車を手放すことは考えていません。

子ども達は当初、私立中学の受験を考えていましたが、どう考えても家計がマイナスになりそうだったので、中学は公立という方針に切り替えました。高校大学は行きたいところに行かせてあげたいので、私立理系を基準に考えています。

これで3人を大学まで入れられるだろうか、と不安です。よろしくお願いいたします。

【相談者プロフィール】
・女性、36歳、公務員、既婚
・同居家族について:
 夫/38歳、契約社員、月収20万円、義両親家賃分として合計月8万円もらっている
 子ども/0歳、年少、小3
 義両親
・住居の形態:持ち家(戸建て・東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:45万5,000円
(妻給与28万円、夫から生活費6万円、義父母から家賃8万円、児童手当3万5,000円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:120万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:13万円
・食費:14万円(日用品、衣類含む)
・水道光熱費:5万6,000円
・教育費:4万円
・保険料:第一子学資保険1万5,000円、第二子学資保険1万4,000円
・通信費:4万円
・車両費:5万円
・お小遣い:1万円
・その他:特別支出年額80〜100万円(七五三のあるときは100万円、それ以外は80万円)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:3万5,000円
・ボーナスからの年間貯蓄額:20万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):250万円
・現在の投資総額:41万円
・現在の負債総額:1,960万円(不動産担保ローン。借入額2,700万円、金利2.4%、2016年契約、返済期間20年)
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ