はじめに

現在ベトナムでは株式投資を始める人が急増しています。2021年1月から6月まで新規に開設された証券取引口座は62万口座に達し、その増加率は前年同期比で3.2倍となっています。この株式投資ブームの裏で一体 何が起きているのでしょうか?

今回は、藍澤証券グループのベトナム現地法人であるジャパン証券から、ベトナム株式市場の今をご紹介します。


株価最高値でも投資家人口は少ない

現在コロナの第4波に見舞われているベトナムですが、その中でも株価は好調で代表的な株価指数であるVNインデックスは史上最高値を更新しています。昨年7月から今年6月末までの上昇率は約76%とアジアではトップクラスであり、米国のS&P500(+31%)や日本のTOPIX(+30%)など他の主要国の株価指数も大きく引き離しています。

6月の売買代金の約9割は国内の個人投資家によるものでした。しかし証券口座を開いている人は国民の3%ほどしかおらず、株式投資はまだ広く浸透していません。また取引所が誕生して21年ほどしか経っていないためか、投機的行動が多いようにも見受けられます。