はじめに

●創業に関する補助金(助成金)

さまざまな自治体で、創業または創業間もない事業者に向けて補助金や助成金の制度があります。地元ではどのような制度があるのか、確認しておくといいですね。
東京都では、創業予定者または創業5年未満の個人事業主も助成の対象者です。

<創業助成事業(東京都)>
助成額:上限300万円
助成率:3分の2以内
助成対象:創業時に必要な経費(賃借料、広告費、器具備品購入費、産業財産権出願・導入費、専門家指導費、従業員人件費)

これらのほかにも、さまざまな補助金・助成金があります。申請をするには条件をクリアし、書類を揃える必要があります。確かに手間はかかりますが、それだけの価値があることではないでしょうか。

資金が必要になったら、借入れだけではなく、利用できる補助金や助成金がないか情報を集めるといいでしょう。


副業といっても、その規模によって活用できるものはさまざまです。現状維持でコツコツ続けていくのもいいですし、思い切り事業拡大を目指すのもいいでしょう。将来の希望に向けて、自分らしい働き方を実現していってくださいね。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を

この記事の感想を教えてください。