はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、50歳、会社員の女性。高額の保険料と食費が家計を圧迫し、毎月赤字。老後資金はおろか、娘と息子の教育費の準備もおぼつかないと言います。保険料と食費の見直しのポイントは? FPの横山光昭氏がお答えします。

毎月大幅な赤字です。家計簿をつけているのですが、必要だと納得して入った生命保険の掛け金が多すぎて、負担になっていると思っています。長女があと1年ちょっとで大学受験となるので、教育費も確保しなくてはいけませんし、その後に長男も続きます。

私たち夫婦も50代で、老後資金も気にかけなくてはいけないと思っているのですが、今のままでは貯めることもできません。

保険については、夫は給与天引きで会社のグループ保険に入っていますので、減らせるものもあるのではないかと思っています。ただ、中には将来に備えお金が貯まる保険もあるので、解約してしまってはもったいないような気もしています。

悪いのは保険料の支払いだけではないかもしれません。家計全体を見ていただき、どの支出をカットしていけばよいのか、我が家の「削りどころ」を教えてください。貯金ができるようになりたいです。

【相談者プロフィール】
・女性、50歳、会社員
・同居の家族:夫51歳・会社員、長女・高2、長男・中2
・手取り収入:月収妻(相談者)17万6,000円、夫35万2,000円
・年間ボーナス(夫のみ):約120万円
・貯蓄:預貯金約400万円、自社株約300万円 
 他、会社でDCを月に1万円かけているが、現時点での総額は不明
・毎月の支出の目安:66万円

【支出の内訳】
・住居費:12万円(住宅ローン)
・食費(外食含む):13万4,000円
・水道光熱費:2万4,000円
・通信費:1万6,000 円
・生命保険料:10万4,000円
・日用品代:8,000円
・医療費:6,000円(サプリ等含む)
・教育費:4万3,000円
・交通費:1万6,000円
・自動車関連費:5万2,000円(ローン額4万円・維持費)
・被服費:2万1,000円
・交際費:8,000円
・娯楽費:3,000円
・こづかい:8万2,000円(夫6万円、長女1万2,000円、長男1万円)
・その他:2万3,000円

横山:生命保険料、確かにすごい金額ですね。金額感から言っても、貯蓄型も多分に入っていると予想できますが、そもそも過剰な保障であるかと想像できます。生命保険は勧められたものに入れば良いというわけではなく、自分やご家族に必要な保障に入ることが大切です。予測できないことなので難しいところですが、必要な部分を見極めることを意識して加入したいものです。