はじめに

「〈人生100年時代〉と言われ、老後資金などの備えについてしっかり考える必要がある」と私は話をしたり、書いたりしています。その反応として「オレは、大丈夫。きっと早死にするから」との反論をよく耳にします。

私は思わず「早死にするという根拠は何ですか?」「あなたは余命宣告でも受けたのですか」と言ってしまいたくなります。そんなときには、「残念ながら、希望通りに早死にをすることができないかも知れません。その場合はどうしますか」と問いかけます。

人の寿命は誰にもわかりません。もしかすると希望通りに早死にできるかも知れませんが、平均寿命で考えれば、半数の人が男性は81歳、女性は87歳まで生きているわけです。また男性の4人に1人は90歳まで生きる計算です。さらに言うならば平均寿命は年々延びているのです。

「早死にするから大丈夫」と言っている人に、長生きした場合の具体的なお金の必要額を解説します。


希望寿命は約77歳。しかし現実は甘くない!

BIGLOBEの「年齢による意識調査(2018年)」によると、希望する寿命と言うのは77.1歳だそうです。これは平均寿命より4年から10年ほど短い寿命です。

また、同調査によると、老後に対して不安に思っている人が82.6%です。その理由としては「老後の資金」というのが第1位で76.9%です。ここから、「老後資金に不安があるので、そんなに長生きをしたくない」と考えてしまう人が多いということが読み解けます。

しかしながら平均寿命から考えると、そうならない可能性の方が高いと思いませんか?さらに残念なことに、100歳ぐらいまで生きてしまうことだって考えられます。

つまり、「老後資金を考えたってどうにかなるものでもない」と言って思考停止になり、問題を先送りにしてはダメなのです。希望年齢は、あくまでも「希望」で、現実はそう甘くはありません。長生きをしたときのこと考えておきましょう。

また同調査によると、仕事をリタイアしたい年齢というのは、65.6歳だそうです。10代の希望は50代後半です。しかし実際には早期リタイアは夢ですね。できれば希望が実現できればいいのですが、そのためにはかなりの準備が必要です。

なぜなら、65歳でリタイアするためには、やはり老後資金がないと生活が厳しくなります。65歳の時点である程度の老後資金の準備がないと、それだけ長く働く必要があるのです。