はじめに

少額資金でコツコツと。資産形成の第一歩としては大事なことですが、それだけで資産形成ができるなどと思ってはいけません。よく考えてみてください。毎月の積立金額を30年間続けたとして、果たしていくらになるでしょうか?


少額投資のスキームはいろいろ

投資信託の最低購入金額は、かつては1万円でしたが、インターネット証券なら1,000円から購入できるところも増えてきました。

「おつり投資」というスキームもあります。クレジットカードで買い物をした時に発生したと想定されるお釣りを、ロボアド運用してくれるというものです。実際にはクレジットカード決済なのでお釣りの概念はないのですが、事前に金額設定をすることによって、お釣りが発生したと想定するのです。たとえば設定金額を100円単位にして360円の買い物をした場合は、400円-360円=40円が投資に回されます。これが500円単位なら500円-360円=140円、1,000円単位なら1,000円-360円=640円になります。

全く現金を使わずに投資する方法もあります。「ポイント投資」がそれです。文字通り、買い物などをした時に溜まっていくポイントで、株式や投資信託を買い付けるというものです。

少額資金でも長期で続けていくうちに、意外と大きな金額になっていて驚いた、なんて体験談と共に少額投資のメリットが喧伝されているわけですが、正直なところを言えば、それをどれだけ続けたとしても、本格的な資産形成には不十分であるということを、まず頭に入れておいてください。