はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、47歳、会社員の女性。シングルマザーとして子どもを大学に行かせた相談者。そろそろ自分の将来のことを考え始めたいといいますが、教育ローン返済と老後資金づくり、どちらを優先させたら良いのかと悩まれています。家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

シングルマザーです。子どもが大学を卒業し、就職しました。もう、金銭的にも面倒をみる必要もないと思いますので、そろそろ自分の将来のことを考えたいと思っています。

子どもを大学に行かせるために、教育ローンを3つ利用しました。現在の毎月の返済額は3万7,000円。あと6〜7年で完済できる予定です。この状況で老後資金も作っていかなくてはいけないと思っています。老後資金を貯めることが先なのか、教育ローンを完済することを優先すべきなのかが気になっています。

また、貯蓄や返済スピードを上げるための家計の見直し方も知りたいです。

また、住宅は賃貸です。老後に向け、購入することを検討したほうが良いでしょうか。この先どうしていくとよいのか、迷っています。

【相談者プロフィール】
・女性、47歳、会社員
・娘(22歳、社会人1年目)
・手取り収入:月収33万8,000円、年間ボーナス約84万円
・貯金:約300万円
・積立投資信託:約27万円
・毎月の支出の内訳:32万9,000円

【支出状況】
・住居費(家賃):9万1,000 円
・食費(外食含):4万4,000 円
・水道光熱費:1万9,000 円
・通信費(娘の分も):2万1,000 円
・生命保険料:1万6,000 円
・日用品代:9,000 円
・医療費(サプリ等含):2,000 円
・教育費(習い事):2万1,000 円
・交通費:1万1,000 円
・自動車関連費(カーシェア):4,000 円
・小遣い: 3万円(被服費・交際費・娯楽費)
・その他:2万4,000 円
・教育ローン返済:3万7,000 円

FP:老後資金を準備するにあたり、教育ローンを先に返してから老後資金を貯めたほうがよいのかということを迷われているのですね。教育ローンは金利もかかるので、早く返したいものですが、これからどうしていくべきかを考えてみましょう。