はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回は、3歳のお子様と賃貸で二人暮らしのシングルマザーからのご相談です。子どもの騒音でご近所からクレームが続いているため、持ち家の購入を検討されていますが、経済的に不安だといいます。FPのたけやきみこ氏がお答えします。

高齢シングルマザーですが、住宅を購入して教育費を準備して、老後資金も確保出来るか不安です。

高齢で出産し、親兄弟の助けもなく養育費もありません。子どもが元気で、ご近所からクレームが続いています。子どものために中古でも家を購入したほうがいいのかと思っていますが、経済的に不安です。

現在、保育料は3万9,700円ですが、来年から少し楽になると思います。

給与には、2万6,000円の会社からの住居手当が含まれているので、住宅を購入すると手当が無くなります。また、給与から持株会が1万円、企業年金3万円が天引きされています。企業年金は退職時に1,000万円になる予定です。さらに、2年前から毎月iDeCoを限度額1万2,000円積み立てています。

ボーナスは生命保険や車の保険等でほぼ無くなります。

児童扶養手当は限度額でもらっていません。児童手当は無いものとして手を付けずに貯めています。

●物件購入額900万円、リフォーム500万円、手数料100万円で購入しようかと悩んでいます。
●年金は直近の年金定期便で年額65万でした。
●退職金は60歳で退職するとして1,500万程度の予定

【相談者プロフィール】
・女性、40歳、会社員、シングルマザー
・同居家族について:3歳の男児と2人暮らし
・住居の形態:賃貸(兵庫県)
・毎月の世帯の手取り金額:20万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:80万円
・毎月の世帯の支出の目安:18万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:5万3,000円
・食費:3万円
・水道光熱費:1万2,000円
・教育費:5万円
・通信費:1万3,000円
・車両費:3,000円
・その他:1万9,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:0円
・ボーナスからの年間貯蓄額:0円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):550万円
・現在の投資総額:1,350万円
・現在の負債総額:0円

※個人情報保護のため、相談内容を一部編集しています。

たけや:子育てに奮闘中のお母様からのご相談です。持ち家をローンで購入し、将来の老後資金は確保できるのかというものです。定年を60歳とすると、安定した収入が入るのは残り20年です。準備すべきことの優先順位を踏まえてお答えします。