読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、42歳、会社員の女性。夫が勤務先の廃業により退職し、アルバイトとなり月収約10万円に。住宅ローンが600万円残っており、このまま老後も暮らしていけるのか不安だといいます。FPの飯田道子氏がお答えします。

42歳、会社員です。夫が、勤務先の廃業により52歳で退職しました。このまま夫婦2人で暮らしていけるか不安です。老後資金は足りるでしょうか?

現在の月の手取り収入は、私の約19万円と、夫のバイト代約10万ほど。貯金は約2,600万円、投資総額は約100万円。夫の退職金1,000万は受取済み。私は定年まで勤めて恐らく400万程度。

住宅ローンは残債約600万円、残り12年。これまで600万ほど繰上返済してきました。

年金は、私は20歳〜卒業まで国民年金、22歳から現在は厚生年金、未納期間なし。夫は学生時代と転職前などに5年ほど未納期間あり。厚生年金はトータル25年は加入期間あり。今は国民年金です。

【相談者プロフィール】
・女性、42歳、会社員
・夫:53歳、アルバイト。月収10〜12万円
・子ども:なし
・住居の形態:持ち家(マンション、北海道)
・毎月の世帯の手取り金額:29万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:80万円
・毎月の世帯の支出の目安:約24万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:8万4,000円
・食費:3万円
・水道光熱費:1万7,000円
・保険料:1万5,000円
・通信費:2万円
・車両費:5,000円
・お小遣い:3万円
・その他:3万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:4万2,000円
・ボーナスからの年間貯蓄額:60万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):2,600万円
・現在の投資総額:100万円
・現在の負債総額(住宅ローン):600万円(購入額2,080万円、借入額1,780万円、
 金利1.2%、返済期間35年→残り12年)
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ