<PR>起業家シバタナオキ氏登壇!『マネーフォワードWeek』無料申込み受付中

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、44歳、会社員の男性。不動産や株式や投資信託などで投資を行っていますが、家計は赤字になってしまうと言います。現金と投資のバランスはどうとればよいでしょうか? 家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

毎月、投資信託や保険でお金を貯めていますが、家計は赤字。ボーナスでしのいでいる状況です。独身時代に投資用のマンションを2軒購入しており、2つとも賃貸として貸しています。ですが、入居者がいないときには収入がないだけではなく、諸経費を補てんすることもあり、それが赤字を加速しているように感じています。

これから子どもの教育費もかかりますし、自分たちの老後資金も作らなくてはなりません。また、住宅ローンの繰り上げ返済もしたいと考えています。

どのように家計を改善していくと、これらに必要なお金を貯めていけるでしょうか。

【相談者プロフィール】
・男性、44歳、会社員
・家族:妻・46歳・パート、長女・小学3年生、次女・保育園年長
・手取り収入:相談者/月収39万2,000円、年間賞与160万円
 妻/月収4万8,000円
 不動産収入(2軒分)16万7,000円(修繕費等経費がかかるので家計に入れていない)
・総支出額:56万9,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(家賃+管理費)13万2,000 円
・食費(外食含む):10万5,000 円
・水道光熱費: 2万4,000 円
・通信費:1万2,000 円
・生命保険料:4万8,000 円
・日用品代: 1万2,000 円
・医療費:3,000 円
・教育費(学校、塾、保育園関連):5万6,000 円
・交通費 : 1万8,000 円
・自動車関連費(ガソリン・ETC):1万5,000 円
・被服費: 2万円
・交際費:2万3,000 円
・娯楽費: 3万5,000 円
・こづかい:4万2,000 円
・その他 : 2万4,000 円

【資産状況】
・貯金:約180万円
・投資:約130万円(仮想通貨・投資信託)
・持ち株:620万円(評価上)
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ