はじめに

その2 財産の棚卸をしましょう

もう一つ、確認するべきことは、自分の財産にどんなものがあるかです。

不動産、預貯金、有価証券、保険……頭の中に思い浮かぶものがいくつかあると思いますが、ご自身でお持ちの財産は、どんなものがあるか、把握していらっしゃいますか。一つずつ確認していきましょう。

(1)不動産
不動産は、毎年届く「納税通知書」で確認できます。納税通知書に記載のある不動産の名義も、自身の名義になっているかどうか、法務局で不動産の謄本を取得して調べてみてください。

(2)預貯金・有価証券
通帳や証券、キャッシュカードを全部出して机の上に広げてみましょう。今使用しているものとしていないものがあると思いますが、使用していない口座は解約しておきましょう。

転勤が多かった人は、特にいろいろな地域で口座を開設していることがあります。少額のまま残っていることもよくあります。これを残したまま亡くなると、口座の残高に関係なく相続手続きは必要になりますので、必要以上の手間と費用がかかります。

ネット銀行やネット証券に口座をお持ちなら、その情報は伝えるか、どこかに残しておきましょう。

(3)保険証券
医療保険や生命保険の証券がお手元にあるかどうか、どんな時に保険が支払われるのかを確認しましょう。特に生命保険の受取人は記載のままで大丈夫ですか。受取人がすでに亡くなっていたり、疎遠になっていたりしませんか。

他にも金銭価値のあるものは相続財産になります。

財産の棚卸によって引き継ぐ人の負担が軽くなる

今回のご相談者である静子さんは、財産の整理もしっかり行おうと決めていました。不動産は売却し、賃貸にお住まいです。預貯金も一つの銀行にまとめていました。

ただ一つ、生命保険の受取人が亡くなったご主人のままでした。棚卸をすることで、これを早急に発見し変更、もしくは解約するという行動に移すことができるのです。生前にできることをしておくことで、美智子さんの引き継ぐための負担は格段に軽くなります。

推定相続人の確認を行なう。財産の棚卸をして一覧表にまとめる。

この2点を理解したうえで、相続対策も遺言書も進めていくことをお勧めします。ご自身ですべてを調べ、まとめることが難しいとおっしゃる方々も多くいらっしゃいます。その際は相続の専門家にご相談ください。ご自身の「今の状況を知る」ことのお手伝いをいたします。

行政書士:藤井利江子

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう

この記事の感想を教えてください。