はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、58歳・会社員の男性。65歳で退職したら、夫婦で年2〜3回の海外旅行と、東南アジアでのロングステイを希望している相談者。どれくらいの老後資金が必要でしょうか? FPの飯田道子氏がお答えします。

老後の生活費の配分について、ご教示ください。

気力、体力がある老後前半10年位は、年2~3回の海外旅行や、2~3年の東南アジア移住等も視野に入れ、できるだけアクティブに行動したいと考えています。上述のために必要な老後資金について、教えてください。海外移住先はバンコク都心で1LDKの小綺麗な賃貸マンション居住希望です。

現金残高1,700万、投資信託評価額2,400万円、65歳退職まであと6年半、退職までに投資信託を年間600万円購入(6年半で予定3,900万円)、退職金1,200万円の予定。この他に認知症の母の預金残高約800万円、母の年金収入月20万円、我々夫婦の年金受給見込みは2人で額面で年340万円です。資金に余裕があれば、75歳位のタイミングで20坪程度の小型住宅への建て替えができればとも考えています。

【相談者プロフィール】
・男性、58歳、会社員、既婚
・同居家族について:妻(54歳)・専業主婦。母・無職・要介護1認知症
・子ども:25歳(独立)
・住居の形態:持ち家(戸建て・長野県)
・毎月の世帯の手取り金額:53万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:300万円
・毎月の世帯の支出の目安:38万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:5万円
・食費:8万円
・水道光熱費:3万円
・保険料:1万3,000円
・通信費:1万7,000円
・車両費:3万5,000円
・お小遣い:3万円
・その他:ペット1万6,000円、衣類美容5万円、その他旅行引当6万円
・投資信託へ年間600万円

【資産状況】
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,700万円
・現在の投資総額:2,400万円(投資信託)
・現在の負債総額:0円

飯田:今回は、リタイア後の気力や体力があるときに、海外旅行や東南アジアへの移住等を考えている相談者様です。希望としては、リタイア後の前半10年位は年2~3回の海外旅行をすることであり、さらにその内の2~3年は、タイのバンコクで暮らすことを希望されています。

できるだけアクティブに行動したいと考えている相談者様なのですが、資金に余裕があれば、75歳くらいで小型住宅への建て替えも考えているとのこと。相談者様が希望する生活を手に入れるためには、いくら必要なのでしょうか。また、心がけなければならないことには、どのようなことがあるのでしょうか。