はじめに

住み替えや介護についての注意点は?

年金340万円の他に預貯金等で8,000万円が手元にある計算ですので、75歳で住み替えることは可能でしょう。

ただ、8,000万円はあくまでも仮定の金額であり、預貯金で確定できるのは現在の預貯金1,700万円と退職金の1,200万円のみです。退職時まで年間600万円を投資信託に回すようですが、相場を観ながら、そのうちの何割かを元本が確定している金融商品へ移動させてもいいかもしれませんね。

お母様の介護については、お母様も自身も預貯金がありますので、自身の預貯金で介護の費用を賄うことができると思います。

夫婦二人で海外旅行なども計画されていらっしゃいますので、お母様に必要なショートステイ等の介護に関する情報等も集めておくと安心です。

セカンドライフのスタートは、6年半後。それまでには生活そのものに変化があるかもしれません。大きな修正が必要になるときには、その都度、見直ししてください。

相談者様が素晴らしいセカンドライフが送れるよう、陰ながら応援しています!!

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう

この記事の感想を教えてください。