はじめに

菅義偉首相が9月前半にも衆議院の解散に踏み切るのではとの見方が強まっています。一方でNHKが8月10日に発表した世論調査によると内閣支持率は29%で、菅内閣発足以来最低を更新しています。

今回は、衆院選に関係する株価のジンクス(法則)から株式相場の行方を探ってみました。


衆院選はいつ行われるのか

8月8日に閉会した東京五輪では日本人選手が目覚ましい活躍を見せてくれました。金メダルはこれまで最高だった16個を大きく上回り27個です。8月24日に開会式を迎えるパラリンピックでも日本人の活躍が期待されます。そして閉会式は9月5日に行われる予定です。

ここで衆議院選挙に向けた日程を確認しましょう。衆議院選挙は“任期満了による選挙”と“解散による選挙”の2つのパターンがあります。今の衆議院議員は10月21日に任期満了を迎えます。仮に解散されず任期満了を迎えると“任期が終わる日の前30日以内”に選挙が行われることが原則になります。

しかし第二次大戦後、解散されず任期満了を迎えたのは1976年の1回だけです。その1回について、当時の三木武夫首相の元での自民党が惨敗してしまった経験からも、“解散による選挙”が選択される可能性が高いとみられます。

東京五輪とパラリンピックで日本人選手の活躍の印象が冷めぬ前に、追加経済対策を視野に入れて、衆議院解散。そして公約に補正予算の大枠を盛り込んで衆議院選挙に向かう、というスケジュールがイメージできます。

具体的には、9月末に任期満了を迎える自民党総裁選挙との関係もあるため、9月上旬に衆議院解散、そしてその3週間後から1カ月程度に衆議院選挙の日程が考えられるでしょう。

<写真:Motoo Naka/アフロ>