はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、39歳、会社員の女性。共働きで世帯年収は2000万円ほどですが、激務で子どもと過ごす時間が少なく、転職を考えているといいます。世帯年収が減っても私立中学に行かせられるかを心配されていますが…。FPの山本節子氏がお答えします。

世帯年収約2,000万。夫婦共に転職して年収1,000万になっても子ども二人を私立中学に行かせられますか?

夫婦とも大手金融機関の総合職ですが、役職も上がり激務です。しかも夫は単身赴任。二人とも新卒から働き続けていますが、あまりにも夫婦共々、子どもと過ごす時間が少ないため、転職を考えています(今は同居する妻の母に保育園お迎え、日々の家事全般をお願いしてる状態)。

夫は営業の管理職のため、ある程度お金に余裕を持ってもらい、毎月家計に入れる金額は家のローン込みで22万です(家のローンは夫婦折半)。毎月20万を積立の投資信託に入れ、ボーナスや毎月の生活費の残りを貯金。ある程度たまったら定期的にS&P500や株式、定期預金などに入れています。

あまりにも余裕のない日々、かつ、かわいい盛りの子どもと週末しか過ごせない日々がつらく、ワークライフバランスを重視し、夫婦とも年収500万くらいの転勤のない仕事に転職したいと考えています。その場合、投資用のローンはある程度精算したいと考えています。

子ども二人とも私立中学を受験させたいと考えていますが、今の貯蓄状態、転職した場合の年収で大丈夫でしょうか?

1日も早く、この仕事だけのつらい 状態から抜け出したくご相談しました。

【相談者プロフィール】
・女性、39歳、会社員、既婚
・同居家族について:
 夫(42歳)、子ども2人(2歳・4歳)、妻の母65歳(年金生活)
・住居の形態:持ち家(戸建て・東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:120万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:400万円
・毎月の世帯の支出の目安:約80万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:20万円(住宅ローン15万円、単身赴任先の社宅代5万円)
・食費:12万円(うち、単身赴任の食費5万円)
・水道光熱費:5万円(うち、単身赴任の光熱費1万円)
・教育費:8万円(保育料、幼児教室、スイミング)
・保険料:10万円(保険会社なので減額できず、学資保険代込み)
・通信費:5万円(家族分の新聞、携帯代、ネット代)
・車両費:1万円
・お小遣い:10万円
・その他:医療費1万円、日用品1万5,000円、
 外食レジャーなど2万円、母の妻へ3万円、交通費5,000円、交際費2万円

【資産状況】
・投資信託に毎月20万
・毎月の貯蓄額:生活費と投資信託の残り(10〜20万)。
 ある程度たまったら定期的にS&P500や株式、定期預金などに入れている。
・ボーナスからの年間貯蓄額:300万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):700万円
・現在の投資総額:1,500万円
・現在の負債総額:住宅ローン4,500万円、
 投資用マンション4室分約8,000万円
(夫3室、妻1室。いずれも東京都内の1Rマンション)

山本:お子さん達は、4歳と2歳で、可愛い盛りですね。ご夫婦ともに激務で、週末しか一緒に過ごせないのは本当につらいと思います。私の経験からも「子ども達と一緒に過ごしたこの頃は、一生のなかで1番楽しかった」という思い出が残っています。お金にはかえがたいですよね。「世帯収入が減ってもいいから、子ども達との時間を大切にしたい」というお気持ちはとても良くわかります。現在はご夫婦で働いて、世帯年収約2,000万円の高収入です。転職をして、仮に年収1,000万円になっても、子ども2人を私立中学に行かせられるかどうか、今後の教育費について見てみましょう。