読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、44歳会社員の男性。DINKSで、夫婦別財布。夫婦の貯金はできているものの、個人の貯金がまったくできないのが悩みだと言います。時には同僚から借金も…。家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』がお答えします。

妻と二人暮らしをしています。

共働きのため、家計は完全に別々で、私は妻の支出についてはノータッチです。生活費や夫婦の貯金、住宅ローンは互いに半々にして出し合ってやっています。

残ったお金が個人で自由にできるお金ということになるのですが、私の個人的な貯金ができません。クレジットカードなどはほとんど使わないので、キャッシングなどは利用しないのですが、時々お金が足りなくなり、同僚に1万円を借りたりすることがあります。

自分の貯金から大きな買い物をしたいとも思いますし、その場しのぎなお金の使い方を改め、貯められるようになりたいと思っています。

【相談者プロフィール】
・男性、44歳、会社員。妻、43歳、会社員
・手取り収入:相談者:31万2,000円、ボーナスなし
(※今回は妻の収入は考慮しない)
・貯金:相談者0円、夫婦の貯金約290万円
・毎月の支出の目安:32万8,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(住宅ローン折半分):4万円
・食費(家計用+個人分):4万8,000円
・水道光熱費(家計用):7,000 円
・通信費:1万1,000 円
・生命保険料:3,000 円
・日用品代:3,000 円
・医療費(個人分):1万1,000円
・教育費:0円
・交通費(定期含む):1万9,000円
・被服費・1万6,000 円
・交際費:4万2,000 円
・娯楽費:(本・ゲーム課金等):7万6,000円
・その他:3万2,000円
・夫婦の貯金:2万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ