はじめに

今の時代は、周りを見回しても、30代半ばで未婚の人が多い。言わば晩婚時代なのです。30代半ばで初婚、初産という人も決して珍しくはありません。

昭和の時代を生きてきた両親が辿ってきたライフプランは、もう通用しなくなっています。長寿でしかも晩婚時代にあった、新しいライフプランというのが必要なのです。

とは言っても、晩婚カップルには大きな試練が待っています。人生の三大支出が一気に襲ってくるからです。どんな危機がありうるのかを知り、備えをしっかりしておくことで対処の方法もあります。


子どもの年齢と自分の年齢

結婚が遅くなったとき、子どもが成人する年齢と自分の年齢を考えることがあると思います。では、その時のライフプランとお金についてイメージできますでしょうか?

ここで、シミュレーションをしてみましょう。たとえば、35歳の時にできた子どもがいるとします。逆算をしてみますね。

60歳で定年をします。
57歳の時に子どもは卒業します。
55歳は役職定年で給与が下がります。
53歳〜57歳までは子どもが大学生になり教育資金のピークです。
40歳の35年の住宅ローンを組みました。返済は75歳です。

人生の三大支出。合計額は約6000万円

人生の中でもっともお金がかかるのは「住宅資金」「教育資金」「老後資金」です。これを人生の三大支出と言います。それが晩婚化により、35歳から60歳の間の25年間に集中してしまうのです。

それぞれどのくらい必要なのかというと、一例ですが下記のような目安になります。

住宅資金:3,000万円
教育資金:1,000万円(私立文系大学のケース、子ども一人の金額)
老後資金:2,000万円
合計:6,000万円

単純に割ると年間240万円です(月額約20万円)。もちろん、生活をしているわけですから、生活費は別にかかります。

高額所得者ではない限り、ほとんど不可能に近い金額だと思いませんか? 昭和の時代は、25歳から60歳までの35年間ですから、年間約171万円(月額約14万円)です。しかも景気がよくて給料も上昇していた時代というのもありました。

晩婚化の時代では、結婚・出産から退職までの期間が短くなっているのです。人生の中でもっとも大きな三大支出が同時になるのですから、まさに三重苦でしょう。