はじめに

「人生100年時代」に対応した働き方

現実に長く働くためのロールモデルが必要になってきます。

一つは、キャリアを磨くことです。自分の専門制を磨くことをお勧めします。スキルを高めることで付加価値を得ることができます。また年齢によってキャリアを使い分ける「パラレルキャリア」も有効でしょう。

マネープランも、資金の運用、iDeCoの活用、年金の繰下げ受給といった知識を持つことも重要です。

年齢が上がっての就労となると、健康などのリスクもありますので、「がん保険」「就業不能保険」など、現役と同じような備えも必要になってきます。「終身雇用」「年功序列」といった考えは、もはや通用しないと思ってください。考え方を一新して働き方を構築し直すことが重要です。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう

この記事の感想を教えてください。