はじめに

ソフトバンクグループ傘下のZホールディングスは、主力のYahoo!JAPAN事業に加え、2021年3月に株式交換により8000万人以上が利用するといわれるLINEを完全子会社化しました。そして、Yahoo!JAPANが元々展開していたQRコード決済サービスPayPayの名の元に金融サービスをブランド統合しはじめています。このYahooグループとLINEの金融サービスやポイントプログラムはPayPay経済圏とも呼ばれ注目を集めています。


第1回 「楽天経済圏」とは?“最新版”ポイントを増やすコツ
第2回 「PayPay経済圏」を徹底解説!ポイントを倍増させるには?
第3回 楽天経済圏とPayPay経済圏

PayPayのポイントプログラム(PayPayステップ)

PayPay経済圏の本質は、PayPayの加盟店やYahoo!ショッピング、LOHACO、PayPayモールで支払をしていけばPayPayの付与率上がりPayPayポイントが貯まっていく経済圏です。

中でも、PayPay経済圏のポイントプログラムはであるPayPayステップは、達成条件をクリアするごとにPayPay加盟店でのPayPay決済や、PayPayモールやYahoo!ショッピングでの買い物時のポイント付与率が上がっていきます。

楽天SPUはポイント付与のタイミングが楽天市場に一本化されているのに比べ、PayPayステップはポイント付与の場所が、「PayPay加盟店」「PayPayモール」「Yahooショッピング」とバラバラです。付与条件も、条件達成の「来月から」となっているものが多く、ポイント付与がいつから倍増されるのかを体感するのに時間がかかり複雑になっています。

PayPayは買い物をすると、基本0.5%の基本還元があります。それに加えて以下の条件をクリアしていくと、ポイント付与率が増えていきます。

まず、PayPayで300円以上の支払を30回以上かつ、合計5万円以上達成した場合は、達成の翌月からPayPay加盟店での買い物が+0.5%されます。通常でも0.5%のポイント付与があるので合計1%貯まるようになります。