はじめに

若い世代を中心に話題になっている「FIRE」ですが、完全なFIREは難しいけれど、早く仕事を辞めてのんびり暮らしたいという人は、実は多いのではないでしょうか。今回は、現在40歳で10年後の50歳でセミリタイアができるのかどうか、セミリタイアするまでの期間どれくらいの資産を準備すれば良いのか見ていきましょう。

●プロフィール
40歳 男性 独身
職業:会社員
居住形態:賃貸
居住地:東京都
年収:600万円(ボーナスなし)
手取り月収:40万円程度
毎月の支出金額:25万円
総資産額:2,000万円(普通預金1,000万円、投資信託1,000万円)

セミリタイア後はフリーランスとして働く(50歳以降から65歳まで)
年収300万円
手取り月収:20万円程度
毎月の支出金額25万円


50歳までの10年間でどれくらい資産を増やせるか

セミリタイアを計画するにあたり、今後10年間でどれくらい資産を増やせるのかを把握しておくことが大切です。

まず、40歳時点の資産を整理してみましょう。

・普通預金1,000万円
・投資信託1,000万円

普通預金1,000万円は0.001% で運用したとすると、10年後は、1,000円の利息しかつきませんので、10年後も1,000万円とします。

投資信託1,000万円は、国内外の株、債券に投資しているバランス型ファンドで運用するとします。金融庁のデータによると、国内・先進国・新興国の株、債券に分散投資をした場合の年平均利回りは、4%程度とのこと。ですから、バランスファンドで、年利4%、10年間運用できたとすると、10年後は、約1,480万円となります。

つまり、現在の資産は10年後

・普通預金:1,000万円
・投資信託:1,480万円となります。

次に今後の貯蓄・投資について見てみましょう。
現在、手取り月収が40万円程度、毎月の生活費は25万円程度ですから、計算上は毎月15万円貯蓄できることになります。
この15万円を全額投資に回すというのはリスクが高いですが、50歳でリタイアを目指すべくリスクを承知の上、上記のバランスファンドに投資することとします。

多くのFIRE本では、基本的に個別株や株式型インデックスファンドを推奨していますが、ここでは私たちの年金を運用している、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)も実践している、「守りつつ増やす」バランス運用で考えていきます。

10年後は投資信託積立の結果、約2,209万円となります。

今後増える予定の資産と現在の資産の10年後の合計は、

普通預金:1,000万円
投資信託=3,689万円
普通預金+投資信託=4,689万円

※運用結果については、税金を考慮していません。

なお、上記の試算で用いている利回り4%は、絶対ではないことに留意ください。

では、ここからは50歳時点で4,689万円の資産があるとしてセミリタイアできるかどうか見てみましょう。