はじめに

退職金や満期の保険金など1,000万円以上のまとまったお金を受け取った場合、どうしたら良いのでしょうか?

ファイナンシャルプランナーとして活動している筆者の元には、主に定年前後の会社員の方からご相談が寄せられます。その中でも、退職金を受け取った時に銀行から電話がかかってきて複数の金融商品を勧められたのでどうしたらいいのか、と聞かれることが多々あります。

実は、筆者の身にも同じようなことが起きました。今回はその出来事を紹介したいと思います。


銀行からの勧誘には要注意

つい数ヶ月前のことですが、筆者の携帯に銀行から電話がかかってきました。今まで銀行から電話がかかってきたことはありません。不正利用があったのだろうか、やや不安な思いで耳を傾けていると、筆者の口座に大きな額のお金が振り込まれたので渡したいものがある、店頭に来られる際にぜひお声がけください、と言った内容でした。ちょうど満期になった保険金が筆者の銀行口座に振り込まれていたのです。

銀行の行動はさすが素早いなと感心をしつつ、店頭に足を運んだところ、普段は通されることのない応接ブースに案内されました。しばらく待っていると、私に電話をしてきた担当者が現れて、来店のお礼と今後そのお金をどうするのかと言ったような話題になりました。

すぐに使うお金ではなかったので、とりあえずは定期預金にするつもりの旨を伝えたところ、しばらく使う予定がない資金であれば投資信託や外貨建て保険で運用されるのはいかがでしょうか?と勧められたのです。

なるほど、このように退職金を受け取った方々に金融商品を勧めているのだな、と納得しました。応接ブースに通され、おもてなしを受けているような感覚に囚われて、つい「お願いします」と言ってしまいそうになりましたが、ここは要注意です。しばらく使う予定がないといっても、来年使う可能性もあります。そんな短期間に投資信託や保険に回してしまったら元本割れすることもあり得ます。