<PR>起業家シバタナオキ氏登壇!『マネーフォワードWeek』無料申込み受付中

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、2人の子を持つ43歳、会社員の男性。妻は専業主婦。現状の収入には満足しているけれど、激務のため家族との時間がとれず、働き方を見直したいといいます。どの程度まで収入減に耐えられるでしょうか? FPの秋山芳生氏がお答えします。

43歳、会社員です。働き方を見直したいです。

現状の収入には満足していますが、激務のため家族との時間が持てません。現状の家計でどのくらいまで収入減に耐えられるか把握したいです。

妻は専業主婦により収入ゼロ、子どもは公立学校に通学。今のところ私立に通わせる予定はありません。

住宅ローンは物件購入額:3,100万円、借入2,540万円、金利0.975%、返済期間35年ですが、繰上げ返済実施済みで残債約300万円。退職金はあり。現行60歳定年まで働いた場合約2,000万円程度です。

【相談者プロフィール】
・男性、43歳、会社員、既婚
・同居家族について:妻(44歳)、専業主婦
 子ども/10歳、6歳。公立学校に通学。今のところ私立に通わせる予定はなし。
・住居の形態:持ち家(マンション・東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:約40万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:約100万円
・毎月の世帯の支出の目安:約35万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:10万円
・食費:10万円
・水道光熱費:1万3,000円
・教育費:3万円
・保険料:損保5,000円、生保なし
・通信費:8,000円
・お小遣い:特になし
・その他:10万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:5万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:100万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):575万円
・現在の投資総額:株式868万円、投資信託114万円、 iDeCo219万円、持株会112万円/年積立(手取額は持株会積立額引き去り後の金額)
・現在の負債総額:300万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ