はじめに

■スマホで確定申告(電子申告)

自身で確定申告を行っている人にとっては、マイナンバーカードが無くても、電子申告(e-TAX)のメリットはとても大きいものでしたが、マイナンバーカードがあれば、税務署に出向くことなく、またパソコンを使わなくても、スマホで確定申告が可能になります。

・本人確認の提出不要
・24時間受付
・税金の還付がスピーディー

さらに、「マイナポータル」(後ほど説明)と連携をすることで、生命保険料控除証明書などの情報を一括で入手できたり、各種証明書情報、控除額が自動計算できるなど、確定申告の手間が減っています。

■その他自治体ごとのサービス拡充

自治体によっては、例えば図書館の「貸出カード」をマイナンバーカードで対応するなど、サービスが拡充しています。また、クレジットカードのポイントやマイルを「自治体ポイント」に変えて利用する場合にもマイナンバーカードが必要です。自治体ポイントは、地域の美術館や交通機関の利用に便利なポイントです。

■旧姓の併記が可能

結婚をして名字が変わっても、旧姓で行った各種契約や銀行口座など、本人確認の資料として利用できます。

マイナンバーカードには、この他にもさまざまなメリットがありますが、「マイナポータル」との活用・併用が便利です。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ