はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、38歳・会社員の男性。手取り年収は700万ほど。将来にわたって結婚する予定はないという相談者。好立地で5,000万円ほどのマンションを購入するべきか悩んでいるといいますが、タイミングの決め方など、判断のポイントは? FPの渡邊裕介氏がお答えします。

38歳、独身です。将来にわたって結婚する予定は確実になし。今のところ海外赴任や引っ越し転勤などもほぼなしです。

2年前に転職し、大企業でそこそこの給料をもらえる立場になりましたが、今このタイミングでマンションを購入したほうがいいのかどうか迷っています。

検討しているのは、ターミナル駅から1駅離れて徒歩5分程度で、その他徒歩圏内に2路線使える立地で、5,000万円ほど。借入額は4,800万円程度を考えています。頭金をもっと出してもいいのですが、金利が安いので住宅ローン減税的にこの金額が最適かなぁと……。金利は0.5%、返済期間は35年と考えています。

【相談者プロフィール】
・男性、38歳、会社員、独身
・住居の形態:賃貸(東京都)
・世帯の手取り金額:700万円(年収)
・ボーナス:なし
・毎月の世帯の支出の目安:25万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:10万円
・食費:3万円
・水道光熱費:1万円
・教育費:5,000円
・通信費:5,000円
・お小遣い:5万円
・その他:日用品 5,000円、衣服・美容5,000円、健康・医療1万、交通費1万

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):2,000万円
・現在の投資総額:1,000万円

渡邊:こんにちは、ファイナンシャルプランナーの渡邊です。独身の男性の住宅購入相談です。金額的なご相談よりも、このタイミングで購入した方が良いのかということを気にされているので、マンションを購入するメリットや注意点と賃貸で住むメリット及び注意点について整理しながら、ご自身の生活スタイルにマッチした方向性について考えていきましょう。