読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、59歳・公務員、妻と二人暮らしの男性。資産は貯蓄額約3,600万円、投資信託約1,500万、退職金は1,200万程度の見込み。実母との同居も考えて、3,000万程度の中古物件購入を希望していますが、老後資金は足りるでしょうか? FPの飯田道子氏がお答えします。

59歳地方公務員です。妻は57歳民間正規社員、子どもはありません。

自分の体調が悪く、定年1年前の退職を考えています。現在の年収は約650万円。資産としては、貯蓄額約3,600万円、投資信託約1,500万、退職金は1,200万程度の見込みです。59歳で退職後は65歳まで、手取り年収200万円程度の仕事に就こうと思っています。

現在は賃貸アパートですが、可能であれば戸建て3,000万程度の中古物件購入を検討したいと考えています。実母(82歳)は実家で1人暮らしをしていますが、今後、状況に応じ同居することも検討することになります。現在、母親の健康状態は普通です。

自分の老後資金が足りるかどうか不安があります。よろしくお願いいたします。

【相談者プロフィール】
・男性、59歳、公務員、既婚
・同居家族について:妻(57歳)、会社員。介護等なし、子どもなし
・住居の形態:賃貸(富山県)
・毎月の世帯の手取り金額:42万円(妻月収12万円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:150万円
・毎月の世帯の支出の目安:36万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:8万円
・食費:8万円
・水道光熱費:1万6,000円
・保険料:2万円
・通信費:1万6,000円
・車両費:1万円
・お小遣い:7万円
・その他:7万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:1万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:100万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):3,600万円
・現在の投資総額:1,568万円
・現在の負債総額:70万円
・老後資金:公的年金230万円、退職金の有無、退職金1,200万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ