はじめに

ストックとフローから、考えてみましょう

老後資金が足りるかを考える前に、まずは、現状、お金がどのようになっているのか、流れはどうなのかを確認してみましょう。

現在の年収は約650万円で、資産は貯蓄額約3,600万円、投資信託約1,500万円。退職金は、1,200万円程度の見込みとのこと。

退職時に手元にあると予想されるお金は6,300万円となりますが、負債が70万円ありますので、最終的には、6,230万円が手元にあると思われます。

ただ、現状の生活の毎月の出費は36万円です。退職後の収入としては、手取り年収200万円程度とのことですので、月収に換算して16万5,000円強。奥さまの月収は12万円ですので、あわせて28万5,000円。単純に7万5,000円不足することになります。

現状の出費で気になったのは、食費8万円、お小遣い7万円、その他7万円です。夫婦2人の出費としては、多めです。これらを見直して7万5,000円を捻出できれば、現状を維持することができますし、少しでも節約ができれば、不足分を減らすことができますよね。

マイホーム購入をした後の生活はどうなる?

相談者様は、マイホームを3,000万円で購入することを希望されています。退職のタイミングでマイホームを購入すれば、住居費8万円が浮くことになりますので、今まで通りの生活でも問題ないことになります(とはいえ、支出の見直しは必須です)。

その場合は、マイホームの購入費用と諸費用を踏まえ、手元に残るお金は3,000万円程度になると考えられます。

マイホーム購入後、相談者様が65歳までのお金の流れとしては、預貯金等3,000万円、夫婦の月収は28万5,000円、毎月の支出は、貯金を含めず28万2,000円となります。計算上では、かろうじてプラスとなります。

住居費に代わって、固定資産税や都市計画税が必要になりますので、日常生活の支出をおさえる努力をしてほしいと思います。

ただ、シミュレーション通りに手元に3,000万円を確保できれば、65歳以降の生活において、安心材料になることは間違いありません。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]