読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、2人の子どもを持つ39歳、共働きの女性。共同財布も口座も作らずに10年ほど暮らしてきて、マンションもペアローンで購入した相談者夫婦。子どもの教育費がかかり始めるタイミングで、家計管理方法の見直しがしたいと言います。どんな方法がよいのでしょうか? FPの宮里惠子氏がお答えします。

夫と私でそれぞれ独自にお金の管理を行なっております。

共有の財布や口座などもなく、何かを購入した人が都度払うという形で10年ほどやってきています。最近マンションを購入し住宅ローンもペアローンでそれぞれ返済しています。

今後、子どもの教育費がかかってくるタイミングに向けて、漠然と今のままではダメかなと思ってはいるのですが、どのように家族のお金を管理していけば良いか分からないので、アドバイスをいただきたいです。

【相談者プロフィール】
・39歳・会社員・年収1,400万円
・同居家族について:
 夫/41歳・会社員・年収1,600万円
 子ども2人/7歳、4歳
・住居の形態:持ち家(マンション・東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:88万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:900万円
・毎月の世帯の支出の目安:〜約75万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:20万円
・食費:10万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:10万円
・保険料:5万円
・通信費:5,000円
・お小遣い:10万円
・その他:約10万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:20万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:800万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):5,000万円
・現在の投資総額:4,000万円
・現在の負債総額:8,000万円(住宅ローン : 物件購入額1億2,000万円、借入額8,000万円、金利0.3%、返済期間35年)
・老後資金 : 退職金は夫妻ともそれぞれ3,000万円程度の見込み。
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ