はじめに

キャリアを積み収入も安定、お金も時間も自由に使えるイメージの50代独身男性。一人暮らしが長ければ、生活にまつわる身のまわりのこともお手の物、特に不自由を感じることはないかもしれません。しかし、定年退職の年齢に近づくにつれ、老後の心配が増えてくるのではないでしょうか。

今回は、東京都内で暮らす50代独身男性の収入、貯蓄、生活費についてデータで見ていくとともに、老後への備えを考えます。


東京都の50代男性の年収は、約609万~610万円

厚生労働省の「2020年賃金構造基本統計調査」によれば、50~54歳までの男性の平均賃金は41万9,600円、55~59歳では42万100円です。企業の規模によって平均賃金に差があり、大企業のほうが、中小企業よりも高額になっていますが、50代男性の賃金は他の年代よりも多く、収入のピークと言えます。

50代では部長など管理職を務める人も多く、責任の重さとともに収入もアップしています。

ただし、その後60代になると収入は減り、30代と同水準にまで落ち込みます。定年退職し再雇用、あるいは現役世代の勤務先とは別の企業に就職し、いきいきと働くシニアが増えていますが、収入面の厳しい現実も受け止めなければならないようです。

賃金を都道府県別で見てみると、全国平均よりも高いのは5都府県(東京都、神奈川県、大阪府、愛知県、京都府)です。なかでも東京都は高く、全国平均より1.21倍になっていることがわかります。

2020年賃金構造基本統計調査 年齢階級、性、企業規模別賃金を参照

東京都の50~54歳男性の平均年収が全国平均の1.21倍とすると、約609万3,000円。55~59歳では、約610万円です。月の手取りにすると41万円ほど。シングルライフを楽しめる収入のようにも思われますが、60代以降の収入ダウンのことを考えると、しっかり貯蓄もしていくことが必要でしょう。

2020年賃金構造基本統計調査 都道府県別賃金を参照

[PR]「割高なスマホ代を払っていませんか?」あなたに合わせたスマホ料金ランキングを確認しよう