はじめに

50代独身男性の平均貯蓄額は、1477万円

2019年全国家計構造調査によると、50代独身男性は貯蓄もしっかりしているといえます。平均値を見てみると、50代独身男性の金融資産残高は1,477万円。

金融資産とは、銀行など金融機関への預貯金、生命保険、株式・債券・投資信託などを合計した貯蓄の合計です。50代であれば、コツコツと貯めた預貯金や、投資に回しているお金などがかなり貯まっていると見られます。


一方、金融負債は348万1,000円です。金融負債には、住宅ローンなど金融機関からの借入れのほか、勤務先の企業・共済、親戚・知人からの借入れ、分割払いの残高などの合計です。

50代男性の負債残高に比べて、60代はかなり減っています。これは、退職金を負債の返済に充てたことが考えられます。負債には金利が付くので早めの返済がいいのですが、そのために退職金を使うと老後資金が減ってしまいます。

それにしても、50代独身男性の多くは、1,500万円もの貯蓄を持っているのか、実感が伴わないと思う方も多いのではないでしょうか。

実は、平均値にはカラクリがあります。

平均値は、単純に資産合計金額を人数で割った値。つまり、少数の高額資産保有者によって平均値が大きく引き上げられることがあることに注意が必要です。

実態を知るには中央値を確認しましょう。中央値とは、数値の小さい人から大きな人まで並べた時、真ん中の人の値のこと。金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)2020年」によれば、独身50代の金融資産の中央値は30万円です。

しかも、金融資産非保有=貯蓄ゼロが41.0%、100万円未満が10.4%。半数以上が貯蓄0~100万円です。

2019年全国家計構造調査 金融資産残高及び金融負債残高(単身世帯)を参照

老後の生活を考え始める50代、貯蓄がないのは大きな不安材料ではないでしょうか。

安定した収入があれば毎月給料日前に資金ショートということは少ないでしょうが、手元のお金がいつの間にかなくなって貯蓄にまわせなくなってしまわないように、日々の支出の管理が大切です。

[PR]「割高なスマホ代を払っていませんか?」あなたに合わせたスマホ料金ランキングを確認しよう