はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、28歳、会社員の女性。あと4年半で資産を5,000万円貯めて夫婦揃ってセミリタイア(サイドFIRE)を目指したいという相談者。子どもを2人希望していますが、子どもを授かってもプラン通りにFIREできるでしょうか? FPの秋山芳生氏がお答えします。


4年半後に夫婦でサイドFIREをしたいのですが、もし子どもが2人出来ても達成できるでしょうか?

夫婦仲が非常に良く、もっと自由な2人の時間を増やしていきたいと考えています。そこで4年半後、夫35歳、妻33歳のときに2人で会社員を辞めて、サイドFIREをしたいと計画しています。資産は5,000万円貯める予定です。

2019年に結婚、それまでお互い最低限の貯金しかしていませんでしたが、2020年1月に資産1,000万円を達成、2021年10月で1,600万円まで来ました。このままのペースで資産を増やせば実現可能でしょうか?

現在子どもがいませんが、この4年半の間に2人子どもが欲しいと考えています。そうなると気がかりなのはサイドFIRE後の教育資金です。

現在は資産のほとんどを3倍レバレッジの米国インデックスにつみたて投資しています。その他、つみたてNISA、iDeco、ふるさと納税、医療費控除など、できる限りの節税策はフルで活用しています。

妻に奨学金返済はありますが、一種のため無利子であり、サイドFIREまでには完済予定です。

サイドFIRE後は、投資の利益(年200万円予想)と最低限の仕事で過ごしたいです。現状は副業のスキルを高めており、月5万円はコンスタントに稼げるようになりました。現在一番大きな支出は家賃ですが、会社員を辞めれば地方に移住するなりでぐっと抑えるつもりです。

教育費は、収入が下がれば無償化などの恩恵を受けられると思っていますが、無謀でしょうか。何かアドバイスいただけると幸いです。

【相談者プロフィール】
・女性、28歳、会社員
・夫、30歳、会社員
・住居の形態:賃貸(東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:70万円(妻副業含む:35万円、夫35万円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:300万円(妻160万円、夫140万円)
・毎月の世帯の支出の目安:45万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:17万4,000円
・食費:6万円(外食含む)
・水道光熱費:2万円
・教育費:1万2,000円
・保険料:2,000円
・通信費:1万円
・お小遣い:12万円
・その他:5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:280万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):150万円
・現在の投資総額:1,450万円
・現在の負債総額:100万円(妻奨学金)
・産休と育休を子どもが1歳まで利用

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FP YouTuberの秋山芳生です。今回のご相談者様は、夫30歳、妻28歳の共働きのご夫婦。月の手取りで70万円に加え、年間300万円のボーナスがあるので、収入はかなり高い状態です。夫婦の自由な時間を増やしてFIRE(Financial Independence, Retire Early)を実践してみたいとのことですが、今後の人生設計も含めて達成可能かを一緒に考えていきたいと思います。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう