はじめに

最近、よく聞かれるのが「積み立て投資の話は聞くけれど、“一括”で投資したい場合はどうしたらいいの?」という質問です。数百万円などのまとまったお金がある場合、「月数万円で積み立てたらいいの? それともまとめて投資するのもあり?」と悩む方もいるでしょう。

いったいどうしたらよいのか。今回は、積み立てではなく、「一括」で投資する場合の考え方&方法について、3つのステップでお伝えします。


ステップ1:万一の際の生活資金を確保

まとまったお金があって、それを増やそうと思う前に、ぜひチェックしたいことがあります。それは、「万一の際の生活資金」の確保ができているか。

何もないのが一番ではありますが、人生、何が起きるかわからないものです。「今すぐ会社を辞めたい!」と突然思うかもしれませんし、体調不良により長く仕事から離れるケースもあるかもしれません(会社員は、条件を満たせば傷病手当金が最長1年半など受け取れますが、長く療養するケースもあります)。

そんな万一の際の生活資金として使えるように、手取り収入の半年分~1年分は、確保しておきましょう。特に一人暮らしの方(実家に気軽に帰れない方)、会社員以外の方(非正規雇用、フリーランスなど)は、しっかり備えておく必要があります。

手取り20万円なら、半年分の120万円以上は、定期預金などに入れておきましょう。「万一のとき以外は使わない」と心に決め、そのお金はないものと生活しておけば、万一の際にも焦らずに済みます。

ステップ2:そのお金は「いつ使いたいのか」を確認

万一の生活資金を確保したうえで、さらに300万円や500万円など、まとまったお金がある場合。「預貯金に置いたままではなかなか増えないから、何か違うもので増やしたい」と考えた場合にはどうしたらよいのでしょうか。

まず考えたいことは、そのお金を「いつ使いたいのか」です。1年後? 3年後? それとも、10年以上先でしょうか。

直近で使い道が決まっているお金なら、投資に回すのは得策ではありません。リーマンショックやコロナショックのように大きく相場が下がってしまえば、元本割れをした状態で現金化をすることになるからです。

そこで、そのお金を使いたい時期について、「今後5年以内」「10年以上先」「老後などずっと先」と3つに分けて考えてみてください。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介