はじめに

今後の小銭はどうするべき?

キャッシュレス化が進んでいる現在でも現金のやり取りがなくなるわけではないので、今後も生活をしていく中で硬貨を手にすることはあるはずです。キャッシュレスが進んでいるだけに意識しないでいると、硬貨を使う回数も減ってしまうので、ますます手元に小銭が残ってしまいます。

前述の通り硬貨を預け入れするのには手数料が発生してしまうので、今までのように貯金箱いっぱいに小銭が貯まったからといって喜んで銀行に預け入れにはいけなくなってしまっているのです。

今後は硬貨をどのように扱うべきでしょうか。

■手数料無料の枚数内で預け入れする

小銭ができたら、手数料が無料の枚数内でこまめに預け入れをするのも一つの方法です。50枚、100枚、300枚と手数料が無料となる硬貨の枚数に差がありますので、自分が利用している銀行の手数料無料枚数を常に意識しておくとよいでしょう。

■小銭ができたらすぐ使う

筆者にとっても課題でありますが、小銭を積極的に使うようにすることで、家に小銭が貯まらないようになります。100円ショップでも売っているようなコインケースを利用したり、最近では小さな三つ折り財布でも小銭をサッと出せるように種類分けして収納できるものもありますので、こんな財布を使ってみるのも良いでしょう。


小銭で損をしないためにも、今後は意識して使いたいものですね。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう

この記事の感想を教えてください。