はじめに

皆さんは、今の暮らしを維持するのに地球が何個必要だと思いますか?世界中の人が日本水準の生活をするには、地球が2.9個も必要とされています。持続可能な「地球1個分の暮らし」を取り戻すには、どうしたらよいのでしょうか?


SDGsの重要指標「エコロジカルフットプリント」

SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)とは、持続可能な世界を実現するための2030年までの国際目標です。17のゴール、169のターゲットで構成され、「誰一人取り残さない(No one will be left behind)」ことをコンセプトにしています。

SDGsでは、ゴール12「つくる責任 つかう責任」において、持続可能な消費と生産のパターンを確保することを掲げています。持続可能な消費と生産が実現できれば、社会構造が持続可能となることから、ゴール12はSDGs成功の要とも言えるでしょう。

冒頭の私たちの暮らしが地球〇個分消費している、という考え方は、エコロジカルフットプリントに基づきます。これは、人間の活動が地球環境にかけている負荷の大きさを測る指標で、人間が使用する資源を再生産、及び廃棄物の浄化に必要な面積を示しています。

フットプリント(直訳すると、足跡)は、エコロジカルフットプリントだけでなく、製品やサービスのライフサイクルを通じた二酸化炭素の排出量を示すカーボンフットプリントや、水の使用量を示すウォーターフットプリントなど、様々な環境負荷量の評価に使用されており、SDGsと関りが深い指標です。

図は、日本のエコロジカルフットプリントを地球の個数ベースで示しています。地球1個分が持続可能な暮らしですが、3個弱という高水準で頭打ちとなっているのがわかります。国別の総量をみると、2017年時点で、中国、米国、インド、ロシアに次ぐ世界5位の水準です。特に、二酸化炭素排出による負荷が全体の7割超を占めており、排出量の多い発電や輸送分野での削減が求められます。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[MF]