はじめに

今、資産形成の主役はつみたてNISAとiDeCoです。

これら2つの制度に共通しているのは「投資信託」を選ぶという点です。

個人で購入できる投資信託は、6,000本以上あります。そして、その6,000本のほとんどが、じつは「売る側にとって都合のよい金融商品」だということをご存じでしょうか? つまり、私たちにとっては損をしかねない商品が多数あるのです。正しい知識がなければ、本当に儲かる商品(資産が増える投資)を選ぶのは至難のワザです。

どの投資信託を選ぶのかは、お金を堅実に増やすためには重要な要素です。

今回は、“投資信託、選ぶならどっちが得なのか?”という視点でいくつか考えてみましょう。


「全世界」への投資と「先進国」への投資どっちがいい?

一般的には、先進国より新興国のほうがリスク・リターンともに高くなる傾向にあります。ですから、先進国型の投資信託より、新興国型の投資信託のほうがリスク・リターンは高くなります。

「全世界型」の投資信託は、先進国にも新興国にも投資する投資信託ですから、全世界型の投資信託のリスク・リターンは、その中間と考えればよいでしょう。

例えば、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」は、先進国・新興国問わず全世界の株式に投資する投資信託。投資信託を通してアメリカのETF(上場投資信託)、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)に投資する投資信託です。

このETFは、FTSE Global All Cap Index という指数を運用目標にしています。

FTSE Global All Cap Index は、日本を含む先進国・新興国合わせて49か国の大型・中型・小型株から算出される指標です。9,400銘柄を網羅しているため、これ1本を買うだけで、間接的にではありますが、9,400銘柄にまとめて投資するのと同様の効果が期待できます。

一方、「〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド」は、先進国の株式に投資する投資信託です。この投資信託は、MSCI Kokusai という指数を運用目標にしています。MSCI Kokusaiは、日本を除く先進国22か国の大型株・中型株、約1,300銘柄の値動きをもとに算出される株価指数です。したがって、これ1本を買えば約1,300銘柄にまとめて投資するのと同じというわけです。

分散投資によるリスクヘッジの観点から考えると、投資先はなるべく分散されていたほうが有利ですから、全世界への投資のほうがよいとは考えられます。

しかし、じつは FTSE Global All Cap Index の資産の約6割、MSCI Kokusai の約3分の2は、アメリカの株式です。多数の国に分散投資している投資信託といっても、結局、アメリカの経済の影響を色濃く受けることになります。したがって、どちらを買ってもあまり変わらないという見方もあります。

あえて優劣をつけるならば、米国市場の上昇時には MSCI Kokusai のほうが大きく上昇し、下落時には FTSE Global All Cap Index のほうが下落幅は小さくなる、といえるかもしれません。