はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、2人の子どもと会社員の夫と暮らす、39歳パートの方。マイホームを購入してからお金が貯まらなくなってしまったと悩む相談者。世帯の月の手取りは53万円ほどありますが、どこが問題なのでしょうか? 改善ポイントは? 家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。


夫は会社員、私はパートで働いています。

昨年マイホームを購入しました。そのころからお金が貯まらなくなり、家計がうまく回っていないと感じるようになりました。住宅ローンは毎月16万2,000円。夫婦それぞれで車を使うのですが、駐車場が1台分しかなく、近くにもう1台分駐車場を借りています。

収入は、夫婦の給料のほか相続した物件の賃貸収入が20万円ほどあり、収入の総額は月に50万円強になります。割と大きな収入かなと思っているのですが、これがほとんど残らない状態です。時に赤字になるため、ボーナスも生活費に回すことがあります。

家計簿をアプリでつけたり、つみたてNISAをはじめてお金が貯まる仕組みを作りたいと考えているのですが、家計状況は変わりませんし、お金も残りません。

子どもは小学生が2人。これから教育費も必要になりますし、できれば住宅ローンも早めに完済したいとも思っていますが、今の状況ではそれは不可能となってしまいます。何とか改善し、貯められるようになりたいです。

支出のどのあたりを改めていくと、家計状況を改善していくことができるでしょうか。

【相談者プロフィール】
・相談者:39歳、パート
・夫:40歳、会社員 ・長男:9歳、小3 ・次男:7歳、小1
・手取り収入:総額53万4,000円/月、賞与約200万円/年
・収入の内訳:相談者/月収5万8,000円(扶養内)
 夫/月収27万6,000円、年間ボーナス約200万円
 家賃収入/月額20万円
・貯蓄:銀行預金約500万円、つみたてNISA20万円(1万円/月)
・毎月の支出の目安:56万6,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(住宅ローン):16万2,000円
・駐車場代:2万円
・食費(外食含む):9万1,000円
・水道光熱費:2万5,000円
・通信費(スマホ4台):1万6,000円
・生命保険料:1万2,000円
・日用品代:1万7,000円
・医療費:1万2,000円
・教育費:4万5,000円
・自動車関連費(ガソリン・ETC):1万円
・交通費:8,000円
・被服費:5,000円
・交際費:6,000円
・娯楽費:1万円
・こづかい:5万3,000円(夫5万、妻3,000円)
・化粧品:1万8,000円
・つみたてNISA:1万円
・その他:4万6,000円

FP:このときの家計表を見ると、赤字のようです。住居費や駐車場にかかる金額が大きな割合を占めているので、今のままでは家計簿をつけても、無理に積立をしても、お金を貯めることは難しいでしょう。家計全体を見直してみましょう。

[PR]「正直、不動産ってどうなの?」投資、住宅ローン、リフォーム等、失敗しない不動産を学びましょう