はじめに

年末年始は多くの人が新年の抱負を考える時期です。子育て世帯にとっては、年末年始は新年度の学びや進学の準備を意識し始める時期ではないでしょうか。とはいえ、長引くコロナ禍の影響で、新しい学校生活が始まることに不安を覚える子どもや親も少なくありません。

ベネッセコーポレーションが2021年8月に行った「コロナ禍での中学入学に関する意識調査」によると、約7割の子どもと保護者が中学入学に対して不安を抱えているという結果になりました。

また、昨今注目を集めている政府による子育て世帯への10万円給付政策は、配布方法は自治体毎に決定することになったほか、対象となる世帯に所得制限がかけられていることも一部議論を呼んでいます。

コロナ禍における進学に関する不安や家庭の経済面が子どもの心に及ぼす影響をどう考え、対処していったら良いのでしょうか。家族心理ジャーナリストで教育事業も展開する麻生マリ子さんに詳しく聞きました。


新型コロナがもたらした進学の不安

ベネッセコーポレーションが2021年8月に全国の小学6年生と中学1年生の子どもがいる約400世帯を対象に行った「コロナ禍での中学入学に関する意識調査」によると、小学6年生の世帯では中学入学について70%の子どもが、保護者に至っては76%が不安を抱えているという結果になりました。

具体的な回答をみると、「コロナに感染したら2週間位休まないといけないから中学の授業についていけるのか不安」、「コロナが終息するか不明な中で、中学という短い3年間があっというに終わってしまうのがとても心配」、「マスクをつけているので、友だちの顔をなかなか覚えられなさそう」など、コロナ禍特有の学校生活の過ごし方や学習面の遅れについて不安感が大きいことがわかります。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう