はじめに

住みたい都市を絞り込み、正確な価格でシミュレーションする

相談者様の場合、購入しても賃貸でも問題はないようです。とはいえ、具体的な物件があるわけではなく、あくまでも仮定の金額を入れてシミュレーションした結果に過ぎません。

お金はあり過ぎて困ることはないのですから、できるだけコストや手間がかからないほうを選んだほうがいいでしょう。そのためには、住みたい都市、できれば地域や最寄り駅を絞り込んでいき、どのくらいで購入できるのか、賃貸ならいくらかかるのかを知っておくことが大切です。

都市を選ぶときには、相談者様がおっしゃるように交通の便や利便性が高いところがお勧めです。ただし、利便性といっても、人によって欲しいサービスは違ってきます。具体的には徒歩で日用品の買い物ができる、近くに大きな病院があることをベースにし、自分たちのこだわりのポイントを加えた利便性の良い場所を選ぶと良いでしょう。

60歳までには、まだ時間があります。それまでの間に、住みたい都市・地域を絞り込み、まずは、そこでどのような生活を送りたいのかを考えていくようにしてください。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]「正直、不動産ってどうなの?」投資、住宅ローン、リフォーム等、失敗しない不動産を学びましょう

この記事の感想を教えてください。