はじめに

「保険に加入しようかな……」と思ったとき、どのような方法が頭に浮かびますか?

単純に保険加入と言っても、「比較検討の手間」「保険料の違い」、実際に保険を使う場面になった時の「万が一の場合のサポート」「アフターフォロー」など、さまざまな点を考慮する必要がありますよね。

「保険代理店」で加入するのか。またはご自身で直接「ダイレクト型保険」に加入するのか。優先順位に合わせて、加入経路を選択する必要があります。自分や家族を守るために大切な「保険」を考える時、最初の「入り口」を間違えないためにも、いくつか押さえておきたいポイントをお伝えします。


そもそも保険代理店とは

保険代理店とは、お客様(契約者)と保険会社の間に入って、保険を提供する業務を行っています。

加入対応だけではなく、お店によっては請求サポートや、ライフイベントごとの見直し提案なども行っており、大きく分けると以下のようになります。

代理店の仕組み・種類

代理店にも業態の分類として「専属」と「副業」の2種類があります。また、取り扱っている保険の内容に合わせて「専属」と「乗合」の2種類があるので、組み合わせのパターンとしては4種類あることになります。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]